保険薬局向け調剤支援システム YUNICOM-DSx 湯山製作所 / ユヤマ

保険薬局向け調剤支援システム YUNICOM-DSx

医療のIT化と使い易さを志向した次世代ファーマシーのスタンダードシステム。

YUNICOM‑DSxでは、錠剤分包機や薬袋プリンターの印字フォーマット内容を、各印字項目毎に印字イメージを見ながら検討することが出来ます。 実際に印刷する前にほぼイメージ通りのレイアウトが確認できるのでたいへん便利です。

医療のIT化と使い易さを志向した次世代ファーマシーのスタンダードシステム

印字設定

薬袋印字設定

お客様より納品1週間前までに、お使いになる薬袋全サイズの実物をサンプルとして、当社担当者にお渡し下さい。 左の写真のように実物画像による薬袋紙の印字レイアウト画面をご用意致します(※納品前1週間を切りますとご用意致しかねます)。

薬袋印字設定
錠剤薬包印字設定

錠剤分包機に関しても、YUNICOM‑DSxが制御することで、薬包紙に印字するレイアウト内容を、画面上のイメージで確認しながら、各項目毎にドラッグ&ドロップで設定することが可能です。

錠剤薬包印字設定

業務内容を分析するエビデンスをご提供

調剤支援システムを導入する機会は数年に1度。 しかし、調剤業務自体はシステム導入後もずっと継続して行われるものです。 システムが稼動し始めた後にこそ貢献できるようにという視点で、YUNICOM‑DSxは各種の解析データをご提供致します。

錠剤薬品使用量集計 錠剤充填記録
錠剤薬品使用量集計 錠剤充填記録
錠剤分包機で分包した錠剤の数量を、号機毎・薬品名毎に集計する機能です。 1分包あたり平均何錠分包するかまで理解できます。 しかも、錠剤分包機に実装された錠剤だけでなく、ハンディセットした錠剤分もカウントします。 いつ、何号機に、誰が、何の錠剤を、どのカセットに、何錠充填したか?をリストアップすることが可能です。 充填作業を正確にモニターすることによって、作業精度の向上も期待できます。
調剤解析記録※ピッキング監査システム(ポリムス)接続時のみ
錠剤薬品使用量集計1 錠剤薬品使用量集計2
指定期間内における、全登録調剤者毎の調剤インシデント集計を表示・もしくは印刷することが出来ます。 1件毎のインシデント内容を詳細表示する画面では、その内容と患者名も調剤者毎に一覧で表示可能です。

見易く充分なマスター画面が支えます

薬品マスター 患者マスター
薬品マスター 患者マスター
印刷名称を、錠剤薬包・散薬薬包・薬袋の用途別に登録することや、薬品毎に薬袋サイズを設定することが可能です。 また、ファンクションボタンのパターンも切り替えられます。 患者毎の内規設定やコメント設定したり、錠剤や散薬の印字フォーマットを選択することができます。
医療機関マスター 診療科マスター
医療機関マスター 診療科マスター
医療機関(処方発行元)毎に、要求される調剤内規を設定することが出来ます。 診療科目毎に科目名称の薬袋印字有無を選択できるうえ、診療科目毎の調剤内規を反映可能なマスター項目です。
薬袋サイズマスター 調剤内規マスター
薬袋サイズマスター 調剤内規マスター
薬袋サイズグループ設定や、包数、個数という要素で薬袋サイズを選択することが出来ます。 複数の調剤内規毎に、詳細な内容を設定することが出来ます。